ドライアイの治療について

ドライアイとは

ドライアイは涙の量が少なかったり、涙の質に変化が起きて眼の表面の潤いが保てなくなった状態です。

涙には乾燥を防ぐだけでなく、細菌やウイルスを殺したり、ゴミなどの異物を流したり、目の表面に栄養を補給したりする重要な役割があります。

涙は年をとるにつれ少しずつ減っていきます。しかし、涙が十分に分泌されていても部屋が乾燥していたり、瞬きが減ったりすると、ドライアイになりやすいので注意が必要です。

ルミナスM22による治療

ルミナスM22

マイボーム腺機能不全ドライアイ(以下MGD)は、世界中でドライアイの主な原因であると認められています。 さまざまな原因によりマイボーム腺開口部は委縮し、組織構造の変化が起きるとドライアイを引き起こし異物感、眼の疲れ、流涙、持続的な感染、麦粒腫(ものもらい)、結膜への二次感染、 霰粒腫などの原因になります。

フォトフェイシャルのルミナスM22は、MGDの治療効果に期待できるといわれています。

ルミナスM22を使用した治療は、『IPL』と呼ばれる特殊なフラッシュを照射することでマイボーム線を刺激し、ドライアイ症状の解消を促します。 この治療法は外的ダメージがないため痛みがありません。眼球に害を与えることは一切ありませんので、安心・安全な治療方法です。

ドライアイの治療の流れ

事前準備
  • メイクや基礎化粧品をすべて落とします
  • 眼の周りに毛が生えている場合は剃ります。毛に反応して痛みを伴う可能性があるためです
  • フラッシュを行う場所にホクロがあるときは、パッチシールを使ってカバーします
治療
  1. 専用のアイマスクをつけ、顔に密着させます
  2. 下まぶたの下部(頬の上部)に水溶性ジェルを塗ります
  3. 内眼角から外眼角、鼻へと数回フラッシュします(片目ずつ)
  4. ジェルを拭き取り、眼の周りを洗浄して終了です

ルミナスM22による治療後の注意事項

  • 治療後15日間は、紫外線に当たるときは治療箇所に日焼け止めクリームを塗ってください*
  • 一連の治療期間中は、処置を受けた場所には他の治療を行わないでください
  • 一般的な眼科検診は受けていただくことができます
  • 治療後、短期間赤みを帯びることがあります。これは正常な術後現象で、2~3時間以内に戻ります
  • 場合によっては、浅達性熱傷によるはっきりした赤みが見られることがあります
* 自然か人工的な紫外線かにかかわらず。

ルミナスM22の治療費

両眼/1回
7,000円
両眼/4回セット
20,000円

表示されている金額は全て税抜価格です。

医師

医師

眼科医が施術を行いますので、眼の周りの施術も安心してお任せください。

日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容皮膚科学会

当サロンはフォトフェイシャル協会加盟クリニックです。
フォトフェイシャル®はフォトフェイシャル協会加盟医療機関のみが行える医療行為です。